トップページ > CIPPS概要 > 事業計画 > 2012年度〜2013年度

事業計画 (2012年度〜2013年度)

CIPPSでは、4つの分野における研究活動を行っています。

1. 外交・国際問題
2. 環境・エネルギー
3. 構造改革
4. 日本の震災復興


外交・国際問題

外交・安全保障・サイバーセキュリティ等への対応のために、CIPPS従来のネットワークに加え、BRICsミッションを通じて得たチャネルを最大限活用し、各国高官や有識者とのハイレベルな協議、現地有カシンクタンクとの対話や共同研究を通じて情報発信や政策提言に向けた活動を行う。


↑ページの先頭へ

環境・エネルギー

地球温暖化問題、ならびにエネルギー問題への対応のために現在議論されている様々な枠組みを、 経済・環境・技術イノベーションの観点より定量的評価を行うとともに、低炭素社会実現のための枠組みや制度の研究、RDD&D(Research, Development, Demonstration & Deployment)に着目した、スムーズなイノベーション・チェーン構築に向けた国内体制の研究を行う。


↑ページの先頭へ

構造改革

日本社会の持続性維持のために重要な柱の一つである「地方・自治体の自立・活性化」と、画一行政や補助金主体の産業政策等が示すように、限界に達している中央集権体制と官主導の政策からの見直しのための、「中央政府機能のスリム化」の実現に向けた研究を行う。


↑ページの先頭へ

日本の震災復興

東日本大震災を乗り越え、一刻も早く日本が復興・再生を遂げるために、今回問題点が浮き彫りとなった経済・社会システムに関する日本の諸課題を克服するべく、調査・研究、提言活動に取り組む。


最新の事業計画へ戻る

↑ページの先頭へ