イベント

トップページ > イベント

イベント

インドミッションの実施(8月23日〜27日)

 8月23日から5日間の日程で、インド(デリー)にミッションを派遣しました。
 ミッションには、佃和夫 三菱重工業且謦役会長を団長とした会員企業の役員のほか、当センター理事長の田中直毅を含む計12名が参加しました。

 本ミッションの目的は、「世界的な金融危機による影響からBRICs諸国の中でもいち早く脱したとされるインドにおいて、第2期マンモハン・シン政権が、今後どのような経済成長戦略を採るのか」を確認するとともに、「インドの抱える環境や安全保障などの諸問題に対し、我が国および日本企業が国際社会の一員として、どのような解決に向けた役割を果たすことができるのか」等、今後の相互発展に向けた方向性を確認することです。

 今回デリーにおいて、インドの有力シンクタンクであるインド国際経済関係研究所(ICRIER)、エネルギー資源研究所(TERI)、インド防衛問題研究所(IDSA)と意見交換を実施し、インドの安定した経済成長実現のために相互に取り組むべき課題について確認ました。
 ミッションを通じ話し合われた課題については、今後もそれぞれの研究所と継続的に議論を行います。

 また、T. K. A. ナイアール首相府次官、ナンダン・ニレカニUIDAI(固有識別番号庁)長官、カマル・ナート交通・運輸大臣、アナンド・シャルマ商工大臣他、政府要人を訪問し、日印両国の一層の関係構築に向けた意見交換や申し入れを行いました。

 現地では今回のミッションを総括した記者会見を実施し、今回のミッションの成果等について報告するとともに、日印のマスコミとの質疑応答も行いました。

インドミッションレポート(1.41MB)

インドミッションに関するプレスリリース(84KB)

インドミッション報告書(232KB)



インド国際経済関係研究所(ICRIER)とのセッションの模様

エネルギー資源研究所(TERI)とのセッションの模様

インド防衛問題研究所(IDSA)とのセッションの模様

記者会見の模様

↑ページの先頭へ